中継を観ながら解説の内容やインタビューの内容を書き連ねています。
    ※インタビューは要約しています。
    ※一部敬称略
    ※達:解説の達川さん
    ※熊:実況の熊谷さん



    熊:今日はあいにくのお天気ということで室内での練習となっています

    第1クール最終日ロングティー映像
    達:これをやれば明日は休みということで最後のひと踏ん張りというところですね
    熊:末包選手がおかわりということで最後まで打っていました
    柵越えに対する拍手に飛び跳ねて応える末包

    2/5インタビュー映像
    新井監督
    ー第1クールが終了しましたがいかがですか
    「良い初めのクールだったと思います。はい」
    ー外国人含めて全員が順調に動いていましたが
    「外国人選手もそうなんですけどもね、全員が良い動きをしていたなという風に思いますね」
    ー点数をつけるとすれば何点でしょう
    「点数?100点でしょ。はい」
    ー目立った選手はいましたか
    「目立った選手ですか。どうですかねぇ。なんかこう、全員目立ってるんで、誰がとかはちょっと出てこないですね。ブルペンにも行きましたけど、ピッチャーもみんな飛ばしすぎなんじゃないかというくらいしっかり投げてますし、野手にしてもですね、若手もそうですし、中堅・ベテランの選手も実戦的なメニューも率先して入って、みんな良い動きしてるなと思いましたね、はい」
    ー監督としての初のキャンプ第1クールはいかがでしたか
    「充実してましたね、良かったんじゃないですかね、はい」
    ー目が疲れるほど見るという話もありましたが、じっくり選手を見ている印象がありました
    「まずは見ることが大切だと思ってますので、選手だけではなしに、スタッフともね、たくさん色んなコミュニケーションとれましたし、満足のいく第1クールだったかなと思います、はい」
    ーランチ特打の際には場内アナウンスもされていましたがあれは…
    「あれは野間選手です。だって野間って言ってたでしょ?MC野間ですって言ってたでしょ」
    ー失礼しました(笑)ちょっと声が似てるなと思ってんですけど野間選手ですね
    「はい(笑)」
    ー黒田アドバイザーも本格始動となりましたがいかがですか
    「投手陣を見てると嬉しそうだなという風に感じましたし、野手陣もね、特に一緒にプレーした選手は嬉しそうだなと感じましたね。一緒にプレーしていない選手はちょっと緊張していたんじゃないですかね、はい。私も若干緊張しましたけど」
    ーこれからは黒田アドバイザーにはどんなことを期待されますか
    「そうですね、どんなこと。まあ全てを期待してますよね。黒田さんには期待しかしてないですし、黒田さんもすごく精力的に動いてくださったので、ほんとに期待してます、全て。はい」
    ー選手のみなさんにもどんどん聞きに行ってほしいという感じですか
    「もちろんそうですよね。生きたお手本ですからね。遠慮することなく、緊張することなく、どんどんずけずけ行ってほしいですよね」
    ー第2クールからは実戦的な練習も入ってきますか
    「まあ徐々にという感じですよね。はい」
    ー選手にはどんなことを期待したいですか
    「まあ第1クール通り元気よく、しっかり練習してくれれば。それ以上のものはまだ期待はしてないですよ、はい」
    ー実戦練習は走塁も意識してやっていくという感じですか
    「はい。赤松コーチとも話してますけども、どんどんこう、まずはいってみようよ、トライしてみようよ、結果がどうのこうのではなしに、という話はしています」
    ー第2クールはどんなキャンプにしたいですか
    「しっかりと怪我のないようにやってもらいたいなと思います」

    熊:室内練習場には佐々岡前監督がいらっしゃって黒田アドバイザーと話しています
    達:黒田は元SMAPの木村拓哉さんみたいなオーラがあるなと思いましたね
    達:入団した時にはセンスのない恰好する男だなと思ってたんですけどね
    熊:山崎隆造さんもいらっしゃってます
    達:山崎隆造は相変わらず広島の男という恰好してますね

    達:今年は小園の波が小さくなればカープの順位も上がっていくと思いますよ
    達:今年のキーマンは小園ですね
    達:菊池の動きについていけるようになれば優勝すると思いますよ
    達:2015年は田中がついていけてなかったんですけどね、2016年以降はついていけてたんで4-6-3、6-4-3の併殺が増えて優勝しましたよね
    達:去年は6-4-3は多かったんですけどね、4-6-3は少なかったんですよね

    熊:達川さんの投打の注目選手はという質問がきていますが、この方は小園選手ですかと言っていました。すでに達川さんとシンクロしている感じがありますね
    達:よく見てますね、野球を知ってますよ
    熊:投手はどうでしょう
    達:栗林ですね
    達:落ちる球を武器にして3年続けて活躍する選手はなかなかいませんからね
    熊:加えてWBCもあります
    達:選手の指先はデリケートですからね
    熊:開幕投手は誰ですかという質問がきています
    達:ズバリ、大瀬良です
    達:とはいっても昨年までとは違うんですよね
    達:昨年までは前の年に伝えたりしてましたけどね、新井監督はまだ言ってないんでね

    達:田村は去年までとはスイングが全然違いますね、すごく良くなってますよ
    熊:松山選手と自主トレを行いました
    達:松山のスイングはシンプルですごくいいですよ
    達:田村は左肩が下がらなくなりましたよね
    達:高めのボールゾーンを打つ練習は昔はそんなにやらなかったんですけどね、最近はやるようになりましたよね
    達:イチローが最低でも11種類のスイングがあると言ってましたよね
    達:ストライクゾーンが9種類ですよね、インコースの低め・真ん中・高め、真ん中の低め・真ん中・高め、アウトコースの低め・真ん中・高めとね
    達:それに加えて高めのボールゾーンと低めのフォークボールですよね
    達:田村は素晴らしいね、これはレギュラー獲るかもわからんね
    達:前田と違うのはね、前田は二軍の成績も図抜けてましたからね
    達:田村は二軍の成績が良くないよね
    達:前田は3割超えてたと思いますよ
    達:開幕スタメンになるのは奇跡に近いですけどね、奇跡を起こしてほしいですね

    熊:昨日はキャンプ初めての休日でした
    益田・河野・長谷部の休日映像

    ブルペンVTR:益田
    達:益田か河野どっちかがローテに入れば新人王獲ると思いますよ
    熊:受けていた磯村も交えて黒田アドバイザーとコミュニケーションをとっています

    熊:今年伸びそうなキャッチャーはという質問がきています
    達:伸びるというよりみんな出来上がってるんですけどね、今映っている磯村なんかはいいですよ
    達:磯村を欲しがっているチームは多いですよ
    達:意表をつくリードもありますけどね、ピッチャーをノせるのが上手いですよね
    達:総合力は坂倉ですけどここ一番の會澤もいますからね
    達:2月1日に大野で孤独にストレッチしてましたよ
    達:みんな由宇に行ってるんですけどね、トレーナー2人従えて自主トレしてましたよ
    達:護摩行をしてましたけどね、今年は邪念があるということで4日間延長したそうですよ
    熊:このキャンプには石原もいます
    達:甲斐がね、石原はなんでスタメンになれないんですか、僕より優れてますよと言ってましたよ
    達:生活感がないよと言ったらなんですかそれはと言ってましたけどね

    ブルペンVTR:長谷部
    達:少し右肩が突っ込んでいるのかなという感じですよね
    達:左投手なら右肩、右投手なら左肩が下がっている投手は厳しいですよね
    達:調子悪い時の菅野が左肩が下がってましたよ
    達:バックスイングが取れないですからね、少し上を向く意識があれば直ると思いますよ

    2/5インタビュー映像
    長谷部
    ーどんなテーマを持ってブルペン入りしましたか
    「そうですね、ストレートは狙ったラインを外さないこと、変化球は空振りを狙うのか、ストライクを取りにいくのかという意図をはっきりさせて入りました」
    ー球数は何球でしたか
    「53球投げました」
    ー変化球は全て投げた?
    「はい」
    ーテーマを持って臨んだ中で感想はいかがですか
    「そうですね、まだまだ内容としては満足できるものじゃないんですけど、第2クール以降の実戦に向けて状態を上げてければいいのかなと思います」
    ー黒田アドバイザーが見守っていましたがいかがでしたか
    「そうですね、緊張したんですけど、投げてる中でもアドバイスをいただけて、貴重な時間になりました」
    ーどんなことを話されましたか
    「一番最初に話したのは、2ボールになってから何を投げるんだ?という話をされて、まずはカウントを良くすることを努力はするんですけど、その中で悪くなった時にどのような自分のボールが投げられるのかというところの話をしました」
    ー長谷部投手にとって黒田アドバイザーはどんな方ですか
    「そうですね、3連覇していた時の男気溢れるピッチングがすごく印象に残ってますし、チームを勝たせるピッチャーだと思っているので、目指すべきところなのかなと思っています」
    ー第1クール終わりましたがここまでいかがですか
    「そうですね、まだまだ慣れない部分がとても多くて、緊張することが多いんですけど、僕も新人ですし、はつらつと元気を出して第2クール以降もやれたらいいなと思っています」
    ー対バッターというところも入ってきますがこれからはどんなテーマを持ってやっていきますか
    「そうですね、まずは自分の持っているボールを投げて勝負していくことが一番大事になってくると思うので、打たれる打たれないは別として、まずは自分のできることをできたらなと思っています」
    ー1年目のキャンプの意気込みをお願いします
    「一日一日死ぬ気で食らいついて、自分の成長につなげていけたらと思っていますし、社会人卒ということで即戦力という部分が求められていますので、結果も併せてついてきたらと思います」

    2/5インタビュー映像
    床田
    ー今日のブルペンはどんなテーマで?
    「1回目と変わらず、真っ直ぐの質だったり、変化球の回転というのを意識して入りました」
    ー強度も上がってきましたか
    「そうですね、徐々にですけど上がってきたと思います」
    ー投げ終えてどんな感想ですか
    「最後の1球が結構いい手応えがあったので、その確率を上げていければいいかなと思います」
    ーメニューは全てこなされましたか
    「そうですね、ランニング以外は全部やりました」
    ー骨折からの復活を目指す中で状態は
    「そうですね、そんなに痛いっていうのはないんで、このクールはすぎ順調にできたかなと思います」
    ー黒田アドバイザーとお話は
    「いけるやんって言われました(笑)」
    ーピッチングを見て?
    「はい」
    ーそれからの話は?
    「いや、特にはしてないです」
    ーこれから聞いてみたいことは
    「シーズン始まって疲れてきた時とかにどういう調整をしてるのかとかは聞いてみたいなっていうのはあります」
    ー第2クールはどんなスケジュールでやっていきたいですか
    「変わらずどんどん状態を上げていければと思います」
    ーランメニューもそこで入れていく?
    「入るかはわかんないですけど、別でやっているトレーニングも、ランニングもそれなりにできるようにはなってきてるんで、そこまで心配しなくてもいいかなとは思います」
    ーどんなキャンプにしてきたいですか
    「まずは怪我をしないように、どんどん状態を上げて、いい状態でキャンプを終えれるようにしたいなと思います」

    ブルペンVTR:床田
    達:今年1勝した時の見出しは決まりましたね、「いけるやん!床田!by黒田」
    熊:開幕間に合いますかね
    達:間に合うとは思いますけどね、新井監督は3月30日に合わせなくてもいいと言ってるみたいですね
    達:私はGWくらいかなと思ってたんですけどね、思ってたより早かったですよね
    熊:去年はどこが変わりましたかね
    達:コントロールが良くなったのとね、ストレートと変化球の腕の振りが同じでしたよね
    達:パームもいいアクセントになりましたよね

    鯉一インタビュー
    二俣
    ー3回目は二俣翔一選手です。よろしくお願いします
    「よろしくお願いします」
    ーここまで順調にきているように見えますがいかがですか
    「そうですね、2月1日の初日からアピールしてやるぞという気持ちで入っていたので、自分の持っているものを出せているのかなと思います」
    ー自分の持っているものは?
    「まずはやっぱりバッティングの遠くに飛ばす力だったり、鋭いスイングだったりっていうのをアピールできているのかなって思います」
    ーカメラに向かって30秒自己PRお願いします
    「99番の二俣です。自分の持ち味の力強いスイングで、マツダスタジアムでHRを稼ぎたいと思っています。頑張ります」
    ーだいぶ余ってますが大丈夫ですか
    「はい、大丈夫です(笑)」
    ー99番への想いは
    「メジャーのアーロン・ジャッジ選手だったり、日本だとオリックスの杉本さんも着けているので、右の強打者が多いと思うんで、自分もそこに並べるように頑張っていきたいなと思います」
    ー飛ばす力は自信ありますか
    「そうですね、遠くに飛ばす、強い打球を打つってことに関しては、まあもっと高めなきゃいけないんですけど、自信を持ってやっていきたいです」
    ー自主トレではどんなことに取り組みましたか
    「特に胸郭の動きだったり、後は上半身の力だけで打ってしまうっていう課題があったので、地面からの力を利用して、それをインパクトまでに持っていくっていう連動性を意識したトレーニングをしていました」
    ーここ24時間でいい話やほっこりする話などはありませんでしたか
    「7日に高校の監督さんがくるとうかがって、久しぶりに会うなという感じで楽しみにしています」
    ーどんな姿を見せたいですか
    「高校時代見てもらって、ほんとにお世話になったので、成長した姿を見せたいなと思っています」
    ー新井監督がカープは家族と話していましたがファミリーだなと感じた部分はありますか
    「ベテラン組とか若手組とか、上下関係はしっかりしている中でグラウンドの中では先輩方も気にかけて声をかけてくださったり、ほんとにみんながコミュニケーションとって、いいチームだなって思います」
    ー雰囲気はどんな風に感じてますか
    「自分の持っているものをほんとに、縮こまるような野球じゃなくて、自分の持ってるものを出そうという選手が多いので、ほんとに周りの先輩方のおかげで楽しく野球をやれています」
    ー趣味はなにかありますか?
    「そうですね、サッカーですね」
    ーじゃあワールドカップはもちろん?
    「ワールドカップはそうですね、ほとんど全部見てました(笑)」
    ーどこ推しだったんですか?
    「やっぱフランスですね」
    ーエムバペでしたっけ?
    「そうですね、エムバペですね」
    ーやっぱり好きですか?
    「好きです」
    ーFWとDFはどっちが好きですか?
    「FWも好きなんですけどDFも色んな選手好きですね」
    ーサッカーで例えるとどんな選手ですか二俣選手は
    「そうですね…パリ・サンジェルマンのキーパーなんですけど、ドンナルンマ選手が背番号も99で一緒なので、身長も高くて運動神経もいいので、そういった選手に、運動神経の良さを発揮できるように頑張りたいです」
    ー最後に新井監督とファンの方に向けて全力でメッセージをお願いします
    「この一か月のキャンプをしっかり乗り切って、まあ3月、自分も開幕スタメンを狙って頑張っているので、応援よろしくお願いします」

    熊:今日から二軍も宮崎入りしています
    達:今年はアドゥワが活躍すると思いますよ、いい投げ方してますよ
    ブルペンVTR:アドゥワ
    達:若干左肩が下がっているのが気になりますけどね、もう10cmほど頑張ったらいいんですけどね
    達:今の投げ方のままだとまた肘肩壊しそうな気がするんでね
    達:黒田の動画を見たらいいですよ
    達:黒田は左肩上がってましたからね
    達:今日アピールしなきゃならんということで良い腕の振りしてますよ
    達:これは沖縄行きは決定ですね、今年は使えますよ
    ブルペンVTR:岡田
    達:逆に岡田は左肩が上がりすぎるくらい上がるんですよ
    達:下半身と上半身がシンクロしてないんでね、コントロールがつかないんですよね
    ブルペンVTR:薮田
    熊:山崎康晃投手と自主トレを行いました
    達:なんかヒントをもらったみたいですね
    達:やっぱ真っ直ぐとコントロールでしょうね
    達:これくらいの歳になったらある程度狙ったところに投げれないとね
    達:よく勘違いしてるんですけどね、強い球よりもコントロールですよ
    達:スピードガンに騙されているというかね、スピード対決してるわけじゃないんでね
    達:やっぱりいい打者はコントロールがいいピッチャーの方が嫌ですと言いますからね

    達:今野間がベルトのあたりで素振りしてますよね
    達:これが一番スムーズに出るんですよね
    達:野間ありがとう!解説のために出てきてくれて

    熊:打順はどうなりますかという質問がきています
    達:デビッドソンが良ければ4番でもいいんじゃないですか
    達:デビッドソンの活躍次第では順位が1つ2つ上がりますよ
    達:ヤクルトが2年連続最下位から優勝したのもオスナとサンタナのおかげですよ
    達:HRよりもここ一番の打点ですよね、HRなんて簡単に打てるもんじゃないですからね
    達:サンタナもオスナも逆方向に打つの上手いですからね、ボールに逆らわないことが大事なんじゃないですかね

    熊:坂倉の現時点での評価をお願いしますときています
    達:レギュラーとしては及第点ですけどね、優勝キャッチャーになれるかと言われればね
    達:勝てるキャッチャーになってもらいたいですね
    達:もう少しずる賢いというかね、嫌われるキャッチャーになってほしいですね
    達:古田や谷繁なんかもね、現役の時は嫌われてましたよ
    達:坂倉はいい人という感じがしますんでね、悪い人オーラを出してほしいですね
    熊:シート打撃が始まるまでまだ時間がありますので、金石さんと石原コーチのインタビューをお届けしたいと思います

    石原慶幸×金石昭人対談映像
    金:石原ヘッドコーチです!
    石:ヘッドコーチじゃないです(笑)
    金:(笑)それでは、石原バッテリーコーチに来ていただきました。今日はよろしくお願いします
    石:よろしくお願いします
    金:3年ぶりにカープのユニフォームに袖を通していかがですか
    石:まあ3年なんでそんなにユニフォーム自体に違和感はないんですけど、気持ち的には緊張感というか引き締まる思いはやっぱりありますね
    金:コーチとしてのキャンプですが、バッテリーコーチとして課題はありますか
    石:そうですね、まずはみなさんが分かっている盗塁阻止率というのは、メディアからも言われてますし、ただキャッチャーもやるべきことはキャンプの中で練習はしていくんですけど、そこに限ってはピッチャーとの共同作業だと思っているので、投手コーチともしっかり話をして、対策を練っていきたいです
    金:そこを克服しないとね、チーム力というのは上がっていかないから
    金:そういう意味でも、バッテリー像、キャッチャー像というのはなにかありますか?
    石:ん-、プレーとかその選手の持っている特徴とかっていうのは僕の中ではこだわりはそこまでなくて、やっぱり1試合通して勝ち切れるキャッチャーが僕はいいキャッチャーだと思うので、ちゃんと勝って終われるキャッチャーになってほしいなと思いますね
    金:坂倉が捕手一本という形になりますけど、色んなプランあると思うんですけど一本でいいんですかね?
    石:一本でいいかどうかは僕は決めれないので(笑)監督の意向を…
    金:バランスがあるじゃないですか、會澤もいたり、第3のキャッチャーもいたりするとね
    石:そうですね、そこは監督と色々話をしながらになってくると思いますけど、坂倉がレギュラー確定ってわけじゃないので、やっぱりそこはみんなと勝負してもらって、獲っていってほしいと思いますし、誰にでもチャンスはあります
    金:まだ確定じゃない?
    石:確定じゃないです。もちろん期待はしてますし、総合的にバッティングであったり、そういうのを見ながらやっていきたいなと思いますね
    金:ヘッドコーチも藤井コーチがきて、2人ともキャッチャーですけどコミュニケーションはとれてますか
    石:そうですね、そういう風に好きなようにやっていいからとは言っていただいてますし、初めてコーチを経験するわけで、不安というものもありますけど、そこに藤井ヘッドが、キャッチャー出身で居てくれるっていうのは自分なりには心強いかなと。選手時代も面識もありましたし、すごく、僕は尊敬するキャッチャーですので、色んな会話をしながら、今もやっていけてるかなと思います
    金:それに付け加えて、新井監督から何か注文というか
    石:そうですね、坂倉がキャッチャー一本でやるとなってからはもうお前の仕事だと(笑)その他は、自分が思ってることやりたいこと、好きにやっていいとは言われてますね
    金:坂倉がマスクを被らない時もやっぱりゲームに出したいじゃないですか、そこはお任せというか、交流戦になるとDHもありますし、坂倉がDHになると自然とキャッチャーが…
    石:そうですね、ただDHも多分、ベテラン組もいますし、そういうことを考えると、どういう起用法になるかは、是非監督に取材してください(笑)
    金:(笑)全部監督に聞きなさいと?
    石:そうですね、あのー、ほんとになんですかね、坂倉本人もすごくキャッチャーがやりたいという気持ちがあったみたいで、そんな中で秋初めて会った時に、すごく意欲的に練習もしてましたし、強い気持ちっていうのは伝わってきましたんで、ただそんな中で1年間キャッチャーしてなかったんで、その感覚っていうのは、やっていけば戻ってくると思うんですけど、その辺がどうなのかなっていう心配はあったんですけど、春のキャンプインして、動きだったりっていうのを見たときには、あ、感覚的には戻ってきているのかなっていうのはありましたね
    金:サード守ったりファースト守ったりっていうのはね、それ以上にね、いっぱいやることがありますよね
    石:そうですね、ほんとにコーチをやらせてもらって伝える難しさであったり、言葉1つでも選手によって受け取り方が違うので、その辺もちゃんと会話してみたりして築いていかないといけない部分ですし、すごく難しいです
    金:現役時代に実際カープを見てたのと、ユニフォームを脱いで評論家として見てたので違いってありますか
    石:そうですね、なんて言うんですかね、やっぱり監督の色も出てくると思いますし、こういう風に自分たちやってたんだとか、その中であ、これいいなとか、あ、これもうちょっととか出てくるのはあったんですけど、追々こう、キャッチャーの中で試合が始まっていかないともっともっとこう、動いていかないのかなって僕の中ではあるんで、練習だけではっていうのはありますし、チーム自体は、すごく明るく元気、若返ったなっていう感じはします
    石:やっぱりあのー、チーム的には、僕キャッチャー出身なので、走られる、動かれるのがすごく気になってたので、そういうのを考えると、カープの伝統でもある、動いてく野球っていうのがどんどんできてくればもっとこう、流れであったり、そういうものが出来てくるんじゃないかなってキャッチャー出身ながらに思いますね
    金:今年は盗塁阻止率をね
    石:盗塁阻止率じゃないです。盗塁阻止率を課題としながら、ちゃんと1試合勝ち切れるキャッチャーが育っていけるように、していきたいですね


    達:デビッドソンはスローイングは安定してますね
    達:坂倉をキャッチャー一本にしたのはね、デビッドソンを我慢してでも使いたいというのがあったんじゃないですかね
    達:二俣と比べても1ランク上ですね
    達:今のワンバウンド捕球なんかも二俣は後ろに逸らしましたけどね、ちょっと後ろに引いてね、上手いですよ
    達:ルナを見てますからね、ルナよりはいいですよ
    達:ルナを出すなという感じですけどね(笑)
    熊:田中はどうですかという質問がきています
    達:全盛期ほどじゃないですけどね、小園と遜色ない動きしてますよ
    達:本音で言いますけど小園との対決でしょうね
    達:実績で言えば小園より全然上ですからね、年齢はありますけど
    達:足の使える選手でしたから、守備で鍛えてね、もう一度盗塁できるようになればね、菊池のコンビは最強コンビでしたからね

    シート打撃

    vs中村健
    fbbb 真ん中ストレート打ち上げ左飛
    達:どっちかというと投手に目が向きますよね
    達:中村健はいい打ち方しましたよね、ちょっと差し込まれましたけどね
    vs大盛
    bb 内角真ん中ストレート弾き返し右安
    達:黒田の言う2ボールから変化球でストライクを取れるかどうかですよね
    達:芯に当たりやすい打ち方してますよね、大盛はね
    vsマクブルーム
    sb 内角高めストレート打ち返すも右飛
    達:盗塁阻止率のこと言ってましたけどね、それだけ考えると外角ストレート一辺倒になりますからね
    達:変化球でアウトにできるキャッチャーにならないといけないですよね
    達:マクブルームはいい打ち方してますよね、今年はやりますよ
    vs羽月
    b牽制bbk-盗塁成功 ff 外角低めストレート見逃し三振
    達:(1球目後に)大盛あたりはこの辺で走らないとね、走るチャンスはそうないですからね
    達:いいスタートでしたよね、磯村は今握り替えましたからね、石原コーチは頭痛いですよね
    達:羽月は逆方向にポイントを近くして打てるようになってますね
    達:逆方向を意識するあまりに外が遠く見えてましたよね

    遠藤
    vs石原
    fbbsf 外角真ん中ストレート空振り三振
    達:ストレートいいですよね、スピンがかかっててね、これなら高めでも打ち取れますよ
    達:(3球目)今のをストライクに見せられないというところがね、フレーミングがまだまだですね
    達:いいボールでしたね
    vs矢野
    f 真ん中変化球打ち返すも左飛
    vs末包
    外角真ん中ストレート弾き返し右安
    vs二俣
    b牽制bfsf牽制 外角スライダー空振り三振
    熊:ランナーには羽月が入りました
    達:走れる選手をというところですよね
    達:阻止率阻止率とはあまり言わない方がいいですよね
    達:阻止率というより走らせないということですよね、考え方ですよね
    達:(3球目)ここで黒田アドバイザーが言うようにスライダーなんかでストライクが取れるかですよね
    熊:ストレートできました
    熊:(4球目)ここでスライダーできました
    vs野間
    外角高めストレート打ち返すも中飛
    熊:3アウトになりましたがもう1人打席に入ります
    達:真っ直ぐの指のかかりもいいですね、ローテ入って守れば2桁勝てそうですね


    vs中村健
    真ん中変化球捉えるも中飛
    達:ちょっとピッチャーへの入りが悪いですね
    vs坂倉
    skb 真ん中変化球打たされ投ゴ
    達:(3球目)今のカット気味の球なんですけどね、どうしてもミットがひっくり返らないですね、脇が空くんでね、スローイングにもつながるんですがね
    vs大盛
    sbk牽制-飛び出すも送球がランナーに当たり2塁へ ffb 内角真ん中変化球打ち返し中前適時打
    熊:ランナーが1塁に入っています
    達:今のセンター宇草ですか、カットマンまで低く返さないとね、打者走者2塁までいってましたからね
    vsマクブルーム
    bsbk牽制bff 真ん中低めストレート弾き返し右安
    達:(5球目)いいボールでしたけどね、マクブルームは(ベースから)離れて立ってますからね
    達:マクブルームは今年かなりやりそうな感じですよ、ピッチャーに対する入り方がものすごくいいですよ
    達:逆方向意識してましたよね、この気持ちを忘れなければやりますよ
    達:HR10本でいいなら3割打ちますよ
    達:カープのキャンプを1ヶ月乗り切った外国人はほとんど活躍してますよ
    達:外国人は違うメニューでやることも多いんですけどね、マクブルームはちゃんとやってますからね

    遠藤
    vs西川
    外角ストレート打ち返すも二ゴ
    vs羽月
    b 真ん中変化球打ち上げ遊飛
    vs矢野
    bbffb 内角ストレート弾き返し中安
    達:いいですね、内側からバットが出てますんで
    vs末包
    b-盗塁成功 sf牽制(逸れるもランナーそのまま) fb-投球ワンバウンドランナー3塁へ b 外角低めストレート見逃し三振
    熊:初球からスタートを切ってきました、変化球でした
    達:坂倉は止めるんじゃなくて捕りにいかないとだめですよね、モリーナが言ってましたよせっかくミット持ってるんだからと
    達:今ミットを動かして捕っていればアウトでしたよ
    達:(ラストボール)いい球でしたね

    ケムナ
    vs宇草
    fs 内角低めストレート打ち返すも遊ゴ
    達:ケムナは仕上がり早いですね
    vs田村
    sb 内角高めストレート打ち返すも二ゴ
    vs秋山
    s-盗塁成功 b ~エンディング映像により数球不明~ fb
    達:秋山は100%活躍しますよ、間違いない、モノが違いますよ
    熊:完全に盗まれた形になりましたケムナ
    中継終了

     読んで頂きありがとうございました。よろしければコメントの方よろしくお願いします!

     カープとプロ野球のブログランキングにも参加しているのでこちらのクリックも併せてお願いします!

     
     広島東洋カープランキング

     
     プロ野球ランキング

    春季キャンプ中継の名物企画である鯉一インタビューのまとめページです(随時更新予定)。

    第1回:木下元秀
    ー練習一日終えてどうですか
    「そうですね、一軍キャンプは初めてなんで春は。まあいい感じに、順調やなと思ってます、はい」
    ー疲れましたか
    「そうですね、疲れましたね。緊張もあったんで、まあこれからどんどん慣れていきたいなと思います」
    ーちょっと元気がなくないですか大丈夫ですか
    「ちょっと疲労が(笑)」
    ー見ている人に自己PRをお願いします。30秒ありますのでお好きにどうぞ
    「えー、木下です(一礼)そうですね、まあ自分はしゃべりがめちゃくちゃ好きなんで、しゃべってるところを笑ってもらえたらありがたいんで。まあ今年の目標はそうですね、まず背番号を変えて一軍に出ることで、目標の選手はやっぱり自主トレも一緒にやってる吉田正尚さんなので、その人を超せるように頑張ります」
    ー5秒残ったくらいでほぼ完璧でした、ありがとうございます
    「いやー、ありがとうございます」
    ー高校の先輩である吉田正尚さんとは去年くらいからやってるんですか?
    「1年目の終わりからずっとやってます、はい」
    ー自主トレではどんなことを勉強してきましたか
    「そうですね、体の使い方から学んで、どうバッティングにつなげていくか、ということを学んできました」
    ーご自身の一番の強みはなんだと思いますか
    「そうですね、体もそうですし、力もある方だと思ってるので、長打っていうのは見せたいなと思ってます」
    ーおしゃべりは吉田選手とも結構されましたか?
    「そうですね、まああの人はあんまりしゃべらないんで、僕が結構ガツガツいってました」
    ーちなみにカープでは誰と一番話しますか?
    「先輩ですか?後輩でも?そうですね、ドラフト同期はやっぱり、ウグさん・石原さんとか同級生もよくしゃべります、はい」
    ーなんのネタを?
    「ネタですか?別にプライベートのことですけど、関西弁なんで何言ってるか分からんってよく言われます」
    ー声が大きいのは昔からですか
    「そうですね、小学校で野球始めた頃から、声は大きい方だと思います」
    ーアピールしてやろうという気持ちはグラウンドに立ったら強いですか
    「そうですね、僕だけ背番号3桁なんで、一番目立たないと監督の目にも入ってこないと思うので、そこは出すようにしています」
    ー新井監督がカープは家族と言っていましたがキャンプ初日でファミリーだなと感じるところはありましたか
    「そうですね、監督もしゃべりかけてくれて、コーチ・先輩たちも優しく声をかけてくれたので、ファミリーだなと思いました」
    ー24時間以内でなにか幸せだったエピソードはありませんか
    「幸せだったエピソードですか?あー、僕パン屋さんいったんですけど、カレーパンめっちゃ好きで、ラスト1個やったんすけど、それを買えたっていうのは一番幸せに感じましたね」
    ー味はどうでしたか?
    「めちゃくちゃ美味かったです」
    ーそんなカレーパンに一言!
    「ありがとう!(笑)」
    ー(笑)ということでたくさん笑わせてもらいましたけど、最後に新井監督とファンのみなさんへ全力でメッセージお願いします
    「まずは背番号を変えて、日本一の力になれるように、これからも頑張っていきます。監督、見てくださいね!(笑)(ガッツポーズ)」 

    第2回:田村俊介
    ー鯉一2回目は田村選手です
    「よろしくお願いします」
    ーキャンプも2日経ちましたがどうですか
    「最初は緊張感もあったんですけど、松山さんの方で自主トレをさせてもらって、そこで教えていただいたことをしっかり出そうということを自分の目標としてやってます」
    ー2年目で一軍キャンプスタートとなってどんな気持ちでしたか
    「去年一度だけ呼んでいただいて紅白戦にも出していただいたんですけど、その時とはまた違う緊張感というか、そんな中でやってます」
    ー自己PRを30秒カメラに向かってお願いします
    「えー、自分は結構、自分で決めたことは最後までやろうという風な、こう、性格というか、そういう性格です(笑)。まあ、趣味は釣りが好きで、結構釣りのことも考えながら、野球もやったりしています。よろしくお願いします」
    ー大体20秒くらいでしたありがとうございました
    「ありがとうございます(笑)」
    ー釣りお好きなんですか?
    「はい、釣り好きです」
    ー最高どれくらいのものを釣ったんですか?
    「90cmくらいの鰆を釣ったりとか、地元でも結構船釣りに行って釣ったりしてます」
    ー釣りに行くシーズンは?
    「シーズンオフに行ってます、はい」
    ー松山選手との自主トレは自分からお願いしたんですか?
    「いや、松山さんから来ないか?ということを電話で言っていただいて、僕もすごく嬉しかったので、是非お願いしますということで行かせていただきました」
    ーどれくらい一緒にされたんですか?
    「6日から始まって23日まで自主トレを行ってました」
    ー新井監督がカープは家族と言っていましたがファミリーだなと感じた部分は?
    「そうですね、僕自身あんまり一軍に来ることがなかったので、去年まではどんな感じか分からなかったんですけど、新井監督が結構選手とお話しされて、結構監督と選手の距離が近いというか、そういう感じがしました」
    ー周りの先輩とかの雰囲気はどうですか
    「結構先輩方が盛り上げてくださって、僕の中でも結構楽しく練習はできてます」
    ーどの選手とよく会話はしますか?
    「どの選手ってことはないですけど、まあ色んな先輩方に色んなお話していただいたり、特にだと、木下さんと僕は今一緒にいます」
    ー昨日もノックやってましたね
    「そうですね、はい」
    ーかなりおしゃべりですよね木下さんは
    「はいそうです(笑)めちゃめちゃアピールされてます(笑)」
    ー田村選手はそんなにおしゃべりではないですか
    「僕はそんなに、木下さんと比べるとそんなにおしゃべりではない方です(笑)」
    ー釣り以外に趣味はありますか
    「ん-、まあ僕寝ることが好きなんで、時間があったら寝てます」
    ーキャンプ中はどれくらい寝られます?
    「キャンプ中はなるべく、疲労も結構溜まってるので、なるべく早く寝て、睡眠時間はしっかりとろうとは思ってます」
    ー何時くらいに寝るんですか?
    「昨日は9時半くらいに寝ました」
    ー朝は当然早いんですよね?
    「朝はそうですね、6時半から7時くらいの間には起きます」
    ー24時間以内に幸せを感じた瞬間はありましたか
    「毎回日南にくると、ビリケンっていうたこ焼き屋さんに行くんで、そのたこ焼きを食べる時は結構幸せです(笑)」
    ー何個入りを?
    「僕10個入りを食べてます(笑)」
    ーもう堪能されましたか?
    「はい!」
    ー最後に新井新監督とファンのみなさんへ全力でメッセージをお願いします
    「今年は監督から家族ということを言われたんで、優勝に貢献できるように、僕もチームに加わって優勝できるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします」


     読んで頂きありがとうございました。よろしければコメントの方よろしくお願いします!

     カープとプロ野球のブログランキングにも参加しているのでこちらのクリックも併せてお願いします!

     
     広島東洋カープランキング

     
     プロ野球ランキング

    中継を観ながら解説の内容やインタビューの内容を書き連ねています。
    ※インタビューは要約しています。
    ※一部敬称略
    ※金:解説の金石さん
    ※熊:実況の熊谷さん


    熊:先ほどまで非公開でサインプレーの練習をしていました
    金:毎年サインは変えるんでね、大事な練習ですよね

    外野ノック
    熊:内野手登録の堂林の姿もあります
    金:内野も外野もできないと試合に出れませんからね
    熊:昨日は大盛が柵越えも披露していました
    金:パワーがありますよね
    熊:大盛選手を応援していますというツイートがきています
    金:今ちょうど映ってますね
    金:守備は文句のつけようがないですよね
    熊:昨季のカープは73エラーでした
    金:1つでも少なくしてもらいたいですね
    金:田村選手は体つきもいいしスイングも速くなってますし、もうすぐ戦力になるところまできてますよ
    熊:一番年下ですからボール運びをしています
    金:カープはこういうスタイルですよ、裏方さんはいるんですけど一番年下がね

    ブルペンVTR:床田
    熊:去年は骨折で離脱となりました
    金:この離脱はチームにも床田自身にも響きましたよね
    熊:影響はありますかね
    金:多少投げてるときに意識が足首にいきますからね、そこの不安さえ取り除ければ大丈夫だと思うんですけどね
    黒田アドバイザーが様子を見守る
    金:最低5以上の貯金を作ってもらいたいですね
    金:毎月3勝1敗ペースでいってもらいたいですね
    ブルペンVTR:九里
    熊:1月はアメリカで自主トレを行いました
    熊:何か変化は感じられますかという質問がきています
    金:気持ちの面もそうですけど、フォームがアグレッシブになったなという感じがしますね
    金:九里投手も当然貯金を作らないといけませんよ

    2/3インタビュー映像
    マクブルーム
    「キャンプの序盤としては体はよく動いている」
    「何よりチームメイトと楽しく出来ていることがいいです」
    「フリーバッティングではタイミングに気をつけてやってます、とにかくよい仕上がりです」
    「去年プロ野球の色んな部分を学べたので、さらにレベルアップしていきたい」
    「シーズンは長いのでこのキャンプでじっくり仕上げていきたい」


    金:頼もしいですよね、今年もやってくれそうですね

    2/3インタビュー映像
    デビッドソン
    「ここまで非常に良いスケジュールで、じっくりとキャンプに取り組めている」
    「フリーバッティングではタイミングが今一つだった、しかしいい感じでスイングが出来ている」
    「今5本HRを打ってもシーズンに入って0だとだめなので、とにかくシーズンに向けて調子を上げていきたい」
    「毎日試合に出場したいので、このキャンプを頑張っていきたい」


    金:スイングはいいスイングなので、これからタイミングは取れてくると思うのでね

    熊:今日もケムナ投手のお父さん球場にいらっしゃってます
    金:今日はお母さんもいましたね

    ランチ特打:秋山・マクブルーム・菊池・デビッドソン
    金:デビッドソンは入り方が面白いですよね、手首を返さないように打ってますよね
    金:ミートを心がけながらという感じですよね
    金:追い込まれてからの落ちる球、これを振らないことですよね
    デビッドソンの柵越えに拍手
    デビッドソン、ヘルメットを取って応える

    熊:菊池選手がケージに入っています
    熊:午後になると後輩に守備を教える姿も見られます
    2/4守備練習映像
    金:これは宝ですよね、菊池選手に守備を教えてもらえるというのは

    新井監督がマイクパフォーマンス
    「今バッティング練習をしているのは、背番号95番、新加入のマット・デビッドソン選手です」
    「多くのHRを打ってくれると思います、是非新加入のマット・デビッドソン選手に今一度大きな拍手をお願いします」

    「失礼しました、MCは野間でした
    金:今日来るとき新井監督の車に便乗させてもらいましてね、色々お願いをしたんですけどね、早速やってもらって嬉しいですね

    熊:ケージには秋山選手です
    2/3ティー映像
    熊:一昨日は新井監督が見つめる中でティーを行いました
    金:秋山選手でもこうやって教えを乞うんですよね
    熊:打つだけでなくコミュニケーションの時間も多くとっていました
    金:左足の軸足の動きのことだと思うんですけどね、話していたのはね

    熊:サインをしたくなるお客さんのタイプはありますか
    金:どういうタイプというのはないんですけどね、大きい声でサインしてくださいとアピールすればしてくれると思いますよ
    熊:やっぱりアピールは大事ですか
    金:大事ですよ
    金:サインしやすい物を用意しておくのも大事ですよね、ペンもね

    ブルペンVTR:島内
    熊:昨日は実戦形式で登板しましたが今日はブルペンに入りました
    金:昨日投げた部分も踏まえて細かい確認をしながらというところでしょうね
    金:1年間バテない体力と精度ですよね、フォークとかの、それを上げてもらいたいですね
    金:ストレートで空振りを奪れるというのは少ないですからね、その1人ですよね
    金:中継ぎ投手誰を上げますかとなると一番に名前が出てくる選手ですからね、島内投手はね
    金:僅差のゲームだと三振を奪れる選手が必要になってきますからね
    ブルペンVTR:松本
    金:この映像を見る限りいい仕上がりですよ
    金:なんか全員がいいように見えるんですよね
    熊:黒田アドバイザーも見つめています
    金:うなずいてましたね、うなずきますよね、いい仕上がりですから

    熊:練習前に黒田アドバイザーが投手陣に訓示を行いました
    熊:ブルペンでもアドバイスを送っていました
    金:ケムナ投手にフォークの握りについて教えてるんですかね
    金:黒田さんに言われることによってね、聞く耳があるんですよね
    金:ある意味コーチに言われるより聞くでしょうね
    熊:長谷部投手とも話をしています
    熊:結構聞いてますね長谷部投手
    金:存在感がありますよね
    熊:昨日は新井監督にだけは来ることを伝えていなかったと言っていました
    金:監督いじりですよね、いくつになっても新井監督はいじられ役ですからね
    金:ある意味みなさんそれが楽しみでしょうしね

    2/4インタビュー映像
    戸根
    ーフリー打撃に登板しましたがいかがでしたか
    「そうですね、ジャイアンツよりも早い仕上がりといいますか、バッターに対して早く投げたので、まずは今日どういう真っ直ぐを投げれるかということを、真っ直ぐしか投げてないんですけど、その感覚を確かめて投げました」
    ー右打者2人が相手でしたが真っ直ぐはいかがでしたか
    「そうですね、抑えにいくのも大事なんですけどまずはどういうスピンがかかったボールを投げれるかということを一番重点においてですね、甘いコースでも押し込めたりとか、ファールを奪れたりということをテーマにやりました」
    ー右の内にしっかり投げられていた印象ですがそのあたりは
    「そうですね、あれはちょっと意図的に投げてみたんですけど、この時期にしては非常にいい真っ直ぐを投げられていると思うので、いいところは伸ばしていけたらなと思います」
    ー次はどんなところを準備して臨みたいですか
    「そうですね、今日は真っ直ぐしか投げてないので、次は変化球も交えながらですね、しっかり真っ直ぐと変化球のコンビネーションにバッターがどういう反応をするのかというところを見ていけたらなと思います」
    ージャイアンツ時代よりも早く登板したということですが体の状態はいいということですか
    「そうですね、気合い入れて1月に体を作ってきたので、その成果が出ているかなという感じです」
    ーカープでの初キャンプはどうですか
    「そうですね、いいチームメイトに恵まれて、指導者の方にも恵まれてですね、僕自身すごいあったかい気持ちだなといいますか、いい期間を過ごさせていただいてるなと思います」
    ー今日は黒田アドバイザーもいらっしゃいましたがご挨拶はされましたか
    「はい、黒田さんに挨拶させてもらって、大胸筋を2度3度叩かれたので(笑)大きな大胸筋とともにですね、それぐらい期待していただいて頑張っていきたいなと思います」
    ー黒田さんに聞いてみたいことなどはありますか
    「そうですね、野球界なら知らない人はいないようなすごい方なので、聞けることならどんどん、まあ今聞けることはなにかと言われたらすぐには出てこないんですけど、その時のタイミングで色々聞けたらなと思います」
    ー新井監督が中継ぎ陣の競争を期待されていますがねらっていきたいポジションは
    「そうですね、まずは一番期待されている左打者をどう抑えるかということは、僕自身のストロングポイントでもあるんで、まずはそこをそっかり抑えていけるように、そして1イニング、セットアッパーという風に目標を持っているので、まずは左打者ですね、そこをしっかり抑えていけるように頑張りたいと思います」
    ー最後にどんなキャンプにしたいかを聞かせてください
    「そうですね、プロセスも大事なんですけど、結果も求められてくると思いますし、その結果をどう出していくか、そこを一番考えてですね、まあ結果が出なくても一喜一憂せずにですね、やるべきことにしっかり取り組んでいけたらなと思います」

    金:経験豊富ですから自分がやらなきゃいけないこともしっかり分かってますよね
    金:1年目というところで飛躍の年にしてもらいたいですよね
    金:対左というのを意識しているということでね、そこを大事にしてもらいたいですね

    BTローテ
    田村・矢野・二俣・木下
    熊:ケージには二俣です
    金:第1クールで一番練習したのはこの二俣選手じゃないですかね
    金:毎日早出もしてましたからね
    熊:帰るのも一番遅いくらいでした
    熊:ポジションはサードですがショートにも挑戦するということでノックも多く受けてました
    金:非常に懐深くボールを引き付けて力強く叩きますから、捉えた打球は強く飛んでいきますよね
    金:しっかりと振り切ることもできてますよね
    金:後は結果を残すにはボールに対応するしかないですよね
    金:この4人は人一倍二倍三倍四倍頑張ってもらいたいですね
    熊:田村は力を抜こうと松山に言われたようです
    金:力みなく打つというのは難しいんですよね
    金:力を抜いていた方がヘッドが走るんですよね
    金:体も大きくなってますよね、どういうトレーニングしてるんですかね
    金:9時半に寝ると言ってましたよね、私が19の時なんて9時半には寝ませんでしたよ
    金:寝るのも練習の内ですよね
    熊:#カープは家族がトレンド入りしたという情報が入ってきました、みなさん注目していただいているようです

    熊:中学生になるにあたって軟式と硬式どちらがいいかという質問がありました
    金:中学生なら軟式でいいと思いますよ
    金:硬式だと肘を怪我したりする可能性がありますからね
    金:僕も中学までは軟式でしたからね、充分軟式でいいと思いますよ
    金:まずは野球が好きでやってるんでしょうからね、野球を楽しむことが大事ですよ

    坂倉・石原・磯村
    熊:金石さんが石原コーチにインタビューされたということで少し内容を教えてもらえますか
    金:まだレギュラーは決まっていないと言ってましたね、私はすっかり坂倉にレギュラーを与えたと思ってたんですがね
    金:後は全部新井さんに聞いてくださいと誤魔化されました
    金:まあ駒を動かすのは監督ですからね
    熊:金石さんのインタビューの様子は第2クール以降にお届けできるかと思われます
    熊:金石さんの見立てでいうと捕手争いはどうなりそうですか
    金:メインは坂倉だと思うんですけどね、2番手ですよね
    金:2番手に食い込んでほしいのはどちらかというと石原ですよね
    熊:坂倉がすごくでかくなっているというファンの方の声もあります
    金:でかくなってますしね、自覚も出てきてますよね
    金:自覚が出てくるとユニフォームを着た時大きく見えるんですよね
    熊:ヘッドコーチとはどういう役割なのかという質問がきています
    金:ヘッドコーチというのは重要なポジションでね、監督が言えないようなことも言ったりするんですよね
    金:外部からの招聘というのは大事ですよね
    金:タイガースなんかは藤井ヘッドによって丸裸にされるでしょうしね

    熊:第1クール振り返って投手陣はどうでしたか
    金:仕上がりが早いしね、状態がいいですよね
    金:先発はね、1人で投げ切るんだという気持ちがあれば7,8回まで投げれますから
    熊:野手はどうでしょう
    金:坂倉という軸ができたのはいいですよね
    坂倉が打った打球が外野を歩く黒田アドバイザーの付近へ
    坂倉、ヘルメットを取って謝る


    熊:第1クールはほんとに天候に恵まれました
    金:ほんとに順調な滑り出しだったんじゃないですか
    熊:金石さん、5日間ほんとにありがとうございました
    金:ありがとうございました
    熊:また明後日、お目にかかります

     読んで頂きありがとうございました。よろしければコメントの方よろしくお願いします!

     カープとプロ野球のブログランキングにも参加しているのでこちらのクリックも併せてお願いします!

     
     広島東洋カープランキング

     
     プロ野球ランキング

    このページのトップヘ